スポンサーリンク

高校1年生 難関大に現役合格する3年プログラム

スポンサーリンク
大学受験
この記事は約4分で読めます。
最新記事をチェック

高校1年生 難関大に現役合格する3年プログラム

こんにちは

高校・大学入試
成績アップナビゲーターの白ひげです。

つい、先日高校入試を終えたと思ったら
高校に入学した途端に担任の先生や塾の
先生に大学入試の話をたくさんされて、

「もう大学入試の話かよ!」

と思った高1生の人たちも多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

学習内容が難しくなった

スポンサードリンク

高校に入学して早くも2ヶ月が経過

中学生の時と比べて学習内容の高度化
学習内容が難しくなったと感じている人も
また多いことでしょう。

例えば数学では

スポンサードリンク

こんなデータがあります。

「いつ算数・数学嫌いになったか」アンケート調査
対象:高校生1,354人

この調査結果を見ると
43%の生徒が高校時代に数学を嫌いになり
その7割は高1の時につまづいてしまう

と出ています。

例えば国語では

国語の授業の半分は古典文法、知識、漢文
になってしまい、中学時代からの古文漢文
嫌いをひきづっているため、古典文法において
助動詞や助詞の活用が覚えられなくて苦労
している人も多いでしょう。

高校生になると偏差値が急落する

4月中に進研模試が学校で実施され
そろそろ結果が返ってきていて
偏差値を見て愕然とした人もいるのではないでしょうか?

つまりこれはどういうことが起きているかというと
5000人中上位100位の人も
その上位100人だけが集まってテストをすれば
最下位ということで、学力が下がった訳では
ありませんのであまり、ナーバスになる必要はありません。

学力テストで偏差値が急落しても慌てない

模擬テストの結果で偏差値が急落しても慌てる事はありません。

校内順位をもとに成績は把握できます。

学力テスト・最初の中間テスト・6月の模擬試験・1学期期末テスト

これらのテストを使って成績を把握していきます。

特に1学期期末テストでの校内順位が
その後の3年間での校内順位の定位置になる場合が多いです。

1度決まった高校の中での順位は
逆転させていくのが大変です。

高1の1学期が勝負!

くらいの意識が必要で
難関大に現役合格したければ
大変でも、ここにエネルギーをかける必要があります。

将来に向けての選択が迫られる

文系・理系の選択

文系・理系の選択は7月には学校から迫られます。
SSH指定の学校に通っている生徒さんは
SSHの希望を出すかどうかも問われます。

最もまずい選択の仕方は

「理系なら文系に移れる」
「まだわからないから理系にしておこう」

こう言った選択の仕方です。

多くの生徒は理系を選択することになると思いますが

理系を選択するなら明確な動機を

「大学でも理科的なことを研究したい」
「医師・薬剤師などの将来像が見えている

こう言った明確な動機が必要です。

また、運動部の生徒さんのSSHの両立は困難なようです。

高1生の難関大に現役合格する3年プログラム

さて、いよいよ本日のメインテーマ
高1生からの難関大に現役で合格するためのプログラムについてです。

高1 6月 模試で上位の成績を取り、セルフイメージをアップ

   夏休み   第1志望校を決定(第1次)
   夏休み   数ⅡBの予習開始

   1月 英語・数学の大学入学共通テストでの目標点80%突破

 


高2 4月 受験科目決定・選択科目の通し学習スタート
   夏休み   志望大学の過去問への取り組み作戦を決定
   1月 主要3教科の大学入学共通テストでの目標点突破
   1月 選択科目の大学入学共通テストでの目標点80%突破


高3 4月 全教科の通し学習終了
   6月 全科目の大学入学共通テストでの目標点突破
   夏休み   志望大学対策・過去問演習
   以降 記述対策

 

ポイントは高1の7月までに、
将来の職業も見据えて第1志望大学(学部)が
決定していることです。
あとで変わっても構いませんので
入学したい大学を早めに決めておくことです。

大事な事は行けそうな(合格できそうな)大学ではなくて
入学したい大学であるという事です。

志望大学が早く決まるメリット

目標ができるとやる気が出る

目標を達成したいと強く思えば思うほど、努力が苦にならなくなります。
目標をたてると自然と達成したくなるように人間の脳はできています。

目標があると計画が立てられる

受験科目がわかる。どの科目をがんばったらよいかわかる。
どんな勉強をすればよいかわかる。学習量の目安ができる。

本当に行きたい大学に行ける

成績で受かる大学を選ばなくてすむ。基準ができることで、新たな候補が出てきた時に比較できる。また変更もできる。

成績があがる

夢に向かっているから努力したくなる。計画が立てられると努力したくなる。日々の学習にも意味づけができ集中できる。

このようなシナリオを意識し、努力をしていけば、
難関大合格は十分達成可能な目標です。

3年後、このブログの読者の中から

東大・京大・医学部・旧帝大・一橋・東工大・早慶上智

合格者が出てもおかしくないと思っています。

応援しています。頑張ってください。

 

難関大合格への強い味方 Z会

スポンサードリンク

コメント