スポンサーリンク

素質の意味を考える

スポンサーリンク
思考行動基準
この記事は約3分で読めます。
最新記事をチェック

素質の意味を考える

スポンサーリンク

成績の大部分は素質で決まる

スポンサードリンク

学問における「健全な競争」のために避けてはいけないテーマがあります。
誰もが分かっていながら声に出せずにいる命題です。

「成績の大部分は素質で決まる」

 

これです。

 

スポーツで言えば、「日本人は、どう頑張ってもウサイン・ボルトにはなれない」
ということです。こちらは誰もが平気で言います。

かけっこでビリになった我が子には「しょうがないよ」となぐさめても、
こと勉強に関しては「やればできる」と言ってしまいます。

 

塾のチラシをみても、
「子供に能力の差はありません。勉強方法が違うだけです」
というコピーを見ることがあります。

私は、この同業者を信用しません。

素質の差は厳然とある

足の速い・遅いがあるように、歌の上手・下手があるように、背の高い・低いがあるように、数学の得意・不得意という素質の差は厳然とあるのです。それを、ごまかしたり、隠したりすると「運動会のかけっこ」になってしまいます。

「素質がないから勉強するのは無駄」なのかどうか

スポンサードリンク

大切なのはここからです。

「自分は素質がないから勉強するのは無駄」なのかどうかです。

 

ウサイン・ボルトは、オリンピックの陸上でいくつもの金メダルを取ったヒーローです。
世界中の人を感動させました。彼は、確かに恵まれた素質を持って生まれたと思います。では、人々は彼の素質に感動し、拍手を送ったのでしょうか。違いますね。

 

我々は、彼の100m、十秒にも満たない走りの中に見ているのです。
100分の1秒を縮めるために、彼が行ってきた血のにじむような努力を。
我々には決して真似のできない厳しい練習の日々を。

もちろん、それを実際に見たわけではないのですが、
無意識のうちに感じ取り、感動するのです。

 

例えば、身長が2メートル80センチのバスケットボールの選手がいたとします。
彼にボールが渡れば、敵はなすすべもありません。
ゴール下に立ってパスをもらえばすべて得点。

チームは連戦連勝……。

みなさんは、こんな試合に感動しますか?
何度も見たいと思いますか?

素質だけで人を感動させ、行動に駆り立てるカはあるのか?

背が高いというのは素質です。
しかし、素質だけで人を感動させ、
行動に駆り立てるカはありません。

我々は、その背後にある「何か」を感じるのです。

時としてレベルの高いプロ野球よりも
高校野球に感動することがあるのも同じ理由です。

高校野球のほうが、その「何か」が見えやすいのです。

学問においても、理屈は同じ

学問においても、理屈は同じです。

取った点数に、人は感心こそすれ感動はしません。
その過程に価値があるのです。

80の素質の人が90を目指すのも、
50の素質の人が60を目指すのも価値に変りはありません。

その十点分が、今日のお話の共通テーマである
「学力」「努力」につながっているのです。

私は、「90点取れるから勉強しなくてもよい」
という考え方を否定します。

同様に、
「どうせ50点しか取れないから頑張るのは無駄だ」
という考え方も否定します。

本当の競争相手

本当の競争相手は自分自身です。
「健全な競争」は、そのことを気付かせるためにも重要なのです。

[box06 title=”あわせて読みたい”]親が変われば子供が変わる

競い合うことは悪ですか?_

素質の意味を考える

学習意欲のメカニズム

中学生の学習計画の立て方

褒めることの大切さ

真説 学習意欲のメカニズム[/box06]

 

 

スポンサードリンク

コメント