スポンサーリンク

七田式+公文式が東大合格の鍵を握るのか?

スポンサーリンク
この記事は約10分で読めます。
最新記事をチェック

七田式+公文式が東大合格の鍵を握るのか?

スポンサーリンク

さんまの東大方程式より

スポンサードリンク

東大合格者の3人に一人が公文出身という現実

スポンサードリンク

さんまの東大方程式という番組を見た。
現役の東大生、約30名をスタジオに
集め、さんまが面白おかしく東大生と
トークを繰り返す番組だった。

その中で興味深い調査が行われていて、
東大生の3人に一人が公文式の学習
学んでいたことがあり、『七田チャイルド
アカデミーの幼児教育で右脳記憶を幼い頃
に鍛えられてよかった』というインタビ
ューが放送されたのだ。

番組の中では未就学児童が、世界の国
と地域の国旗をスラスラと当てていく
女の子や円周率500桁をスラスラと書
き出す男の子がいたりして、すげー能
力が開花しているなという印象でした。

公文式の教室の様子では、授業が行わ
れず、生徒が好きな時間に来て問題演
習を繰り返す、自立型の学習方法が行
われていて、小4の女子が数1の勉強を
していたり、5年生が微積を演算してい
たりと目を疑う光景が展開。

果たして公文式の学習は有効なのか?

ところで、私も塾経営をしていたこと
があり、公文式の教室から転塾してく
るお子さんを何人も見てきました。

私の印象では、公文式学習の効果の特
徴を教室の運営者がよく理解して生
徒と接している教室から移ってくる子
は、総じて粘り強く、よく鍛えられて
いるなぁという印象でした。

しかし

ただ、公文に通ってプリントを進めて
いただけの子は、学習に対して粘りが
なく、すぐに答えが出ない問題や、図
形や関数の問題になると、途端に手が
止まり、じっと止まって問題をただ睨
んでいるだけ、ということが多かった
印象です。

問題の本質を理解するより、できるよ
うになることが重視されているのか、
自分で手を動かして作図をしたり線分図
を作ったりすることが公文出身者は苦手
な印象ですね。

公文式の問題点

全国に16,300教室ある公文式の教室が
全て東大合格者を輩出しているかという
とそうではなく、東大合格者の公文に通
っていた時間は意外と短かい。

幼児から小学2年生くらいまでに中学数
学を終えて、そこから先は中学受験の対
策をするための進学塾に移っているとい
うのが実態のようです。

公文式に長く滞在していると「問題を理
解する喜び」より、「先に進む達成感
を子どもの得られる成果としているため、

学習内容が高度になっていくとそこで
要求される、「高い理解力」や「複合的
な思考力」が身につきにくいという弊害
が発生しているのではないか?

そして、「高い理解力」や「複合的な思
考力」は、難関中学やトップ高校に合格
するためにはを必要不可欠な能力です。

実際の教育現場から眺めた、公文式は
メリットもある一方で、デメリットも
大きいと結論付けざるを得ない訳です。

一方、七田式教育のメリット・デメリットは?

未就学児童の右脳教育に評判の高い
七田式教育ですが、スケートの本田
真凛さん、望結さん、紗来さんの三
姉妹や水泳の池江璃花子さんも七田
式の受講者です。

様々なテレビメディアや雑誌などで
特集が組まれたりしているので、気
になっている保護者の方も多いこと
でしょう。

七田式のメリットは?

親としての心構えを指導してもらえるのはプラスかも

保護者と子どもが一緒に学ぶ七田式は
子どもと接する上で

1.子どもの短所を見ない
2.子どもの成長を途中の過程と見る
3.完全主義で育てない
4.比較しない
5.学力中心で育てない
6.そのままを100点と見る・右脳教育

こういった観点で子どもを見るように
親の指導を行なっています。これは長年
教育の現場にいる私から見ても、素晴ら
しい方針だと思います。

しかし、

これは子どもを預かり指導教育をする者
にとっては当たり前のことであり、ある
意味常識です。

右脳で記憶できるようになることは素晴らしい

人間の脳は右脳と左脳に分かれてい
て、左右の脳を脳梁という橋が繋い
でいます。

一般に左脳は論理脳、デジタル脳な
どと言われ、読むこと、話すこと、
文字の認識、論理的思考、数理的な
推理を司り記憶を担当していると言
われています。

一方、右脳はイメージ脳、感覚脳、
芸術脳などと言われ、イメージの
記憶、直感やひらめきなどを司っ
ており、6歳までに完成されると
言われています。

6歳で右脳は完成し特別な訓練をし
ない限り右脳で記憶を蓄積していく
のは難しく、幼児のうちに右脳を鍛
え右脳で記憶もできるようになる点
が七田式の指導の強みで、他の幼児
教育と一線を画し大きく優れている
点です。

筆者もかつてサラリーマン講師時代
に幼児教育を担当したことがあり、
七田式で使用されているドッツ教材
やフラッシュカードなどを使って指
導をしてきたことがります。

確かに、非常に効果的な学習法でし
た。東大合格者に七田式の指導を受け
ていた人が多いのは、こういった右脳
記憶をうまく活用できるように育った
からでしょう。

七田式のデメリットは?

意外と高額七田式

七田式チャイルドアカデミーの幼児コースについて、表にしてまとめてみました。

入室金 21,600円(入会金)
月謝

14,000円/月
教室維持費 2,200円/月
教材購入代金 2,314円/月

入会金と月謝については理解できる
のですが毎月の教室維持費と教材購
入費がかかる点がポイントですね。

教室維持費についてですが、
暖房冷房水道光熱費やプリント代が
毎月一人当たり2,200円もかかるの
か疑問です。

受講する生徒数が増えていけば、こ
ういった雑費は下がっていくでしょ
うし

教材購入代金は、教材の研究開発費
は確かにかかったでしょうが、すで
に原価償却されているでしょう。

塾経営者としてはこういった、本筋
以外の点で利益を確保する教室の体
質というのは賛成でません。

年換算すると毎年25万円ほどを七田
の教室に支払うわけで4年通えば100
万円です。

お子さんへの投資としては決して高額
すぎるというわけではありませんが

効果が保証されているわけでもなく、
七田式の教育が、理論的に正しいと
証明されているわけではないので、

投資に対するリターンの観点からROI
を意識するのなら結構なリスクだと
思います。

公文式や七田式に変わる幼児教育教材はあるのか?

幼児や子どもの習い事は「Z会」や「スマイルゼミ 」「こどもちゃれんじ」「学びwith」も秀逸です。

Z会の幼児教育

難関大学向けの通信教育というイメ
ージのあるZ会。その幼児コースだ
ったらさぞ難しいのでは?というイ
メージを抱く人もいるかもしれませ
ん。

値段(年少コース)

12ヶ月一括払い:21,432円(1ヶ月1,786円)

月々ごとの1ヶ月払い:2,102円

と他の幼児通信教育である
【こどもちゃれんじ】
などと比べ、少し高めの値段設定です。

難易度もそれほど高いわけではなく
母親向けの指導書も一緒についてく
るので、お子さんと一緒に楽しく学
べます。

親子で取り組む「ペアゼットは」
工作や料理、簡単な実験などの体験
型の学びができて、お子さんにとっ
ては楽しいようです。

スマイルゼミ

テレビコマーシャルにもだいぶ流れ
ていたのでスマイルゼミ の名前を聞
いたことがある保護者の方も多いで
しょう。

2018年12月より、スマイルゼミでは
幼児コースが新設されました。

公式サイト→幼児向けタブレット通信教育「すまいるぜみ」

現時点では「年中コース」と「年長
コース」のみで年少さんのコースは
まだ存在していません。

幼児向けスマイルゼミの実力は? 

通信教育やってみたけど飽きてしま
って続かないという、パパママの悩
みは多いものです。

しかし、スマイルゼミ では時間制限
機能が実装されているほど、お子さん
がいつまでも夢中になって取り組んで
しまうような仕組みがたくさん、盛り
込まれています。

紙ベースでの教材にはない、子どもが
夢中になれる機能は、うれしいい限り
です。

お子さん一人でも学習に向かえる点が
スマイルゼミ の大きな特徴の一つです
ね。

こどもちゃれんじやZ会の幼児コースは
親のサポートがどうしても必要になって
きますので、この点はスマイルゼミ の大
きな特徴の一つでしょう。

スマイルゼミ 、気になる料金は?

年長・年中コースには別れていますが、料
金はどちらを申し込んでも同じ価格です。

続けていくうちに学年とともに価格が上が
るのが一般的な通信教材としては嬉しい設定
ですね。

ですが、支払い方法によって月額費
用が変わってきます。

12ヶ月一括払い 月額2,980円(12ヶ月35,760円)
6ヶ月一括払い 月額3,200円(12ヶ月38,400円)
毎月払い 月額3,600円(12ヶ月43,200円)

その他にタブレット代金、オプショ
ン費用等が必要です。

一番低額な料金で始める場合、一括
払いで45,740円の支払いとなります。

月額に直すと3,812円です。

タブレット端末代 月額832円(一括払い9,980円)
教材費用 月額2,980円(12ヶ月35,760円)
あんしんサポート費用 未加入
英語プレミアム費用 未加入
合計 月額3,812円(12ヶ月45,740円)

月額料金で見ると、そんなに高くな
い印象ですね。

こどもちゃれんじが月額2,000円〜
なので、タブレットと教材も入って
この価格ならコストパフォーマンス
結構高いんじゃないかって思います。

公文式なら月額7,020ですからね。

体験会に参加した人たちの口コミも
かなり高評価なので、まずは資料請
求してみて検討するのもアリかもと
思います。

こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじといったらしまじ
ろうのおもちゃが毎月ついてきて、
お子さんを飽きさせない

そんなイメージでしょうか?

こどもちゃれんじの対象年齢は?

  • こどもちゃれんじ ベビー  (0~1歳向け)
  • こどもちゃれんじ ぷち   (1~2歳向け)
  • こどもちゃれんじ ぽけっと (2~3歳向け)
  • こどもちゃれんじ ほっぷ  (3~4歳向け)
  • こどもちゃれんじ すてっぷ (4~5歳向け)
  • こどもちゃれんじ じゃんぷ (5~6歳向け)

と、0歳児から月齢に合わせて教材
が毎月届きます。

やっぱりきになる価格は?

[box04 title=”こどもちゃれんじベビー(0~1歳向け)の価格”]
【毎回払い】1回あたり2,036円/回(8%の消費税込み)
【一括払い】1回あたり1,770円/回(8%の消費税込み) →17回30,090円
※お届け回数が6回以下の場合一括払いは選択できないので注意が必要です[/box04]

[box05 title=”こどもちゃれんじぷち・ぽけっと・ほっぷ(1~4歳向け)の価格”]
【毎回払い】1回あたり2,036円/回(8%の消費税込み)
【一括払い】1回あたり1,697円/回(8%の消費税込み)[/box05]

[box06 title=”こどもちゃれんじすてっぷ・じゃんぷ(4~6歳向け)の価格”]
【毎回払い】1回あたり1,944円/回(8%の消費税込み)
【一括払い】1回あたり2,336円/回(8%の消費税込み)[/box06]

こうして価格を並べてみると
コスパの良さが際立っています。

メリットとデメリットを考えてみる
とメリットはやはりコスパの良さで
すね。

デメリットは毎月届く、おもちゃや
教材を収納する場所を取られるとい
うことぐらいでしょうか?

まなびwith

まなびwithは、2020年からの新
学習指導要領に対応した、いまどき
の通信教材です。

この点が、ここまで紹介してきた教
材との最も大きな違いです。

新指導要領では「主体的な学び」
「対話的な学び」「深い学び」の視点
に立った授業改善を行うことで、学習
内容を深く理解し、生涯にわたってア
クティブに学び続けられる子どもを育
てることを主眼にしています。

まなびwithでは新指導要領のこの観点
に基づき、

  • 考える力
  • 閃く力
  • 伝える力

の3つの力を育てることに注力してい
ます。最後まであきらめずに考えて、
解法を見つける経験を重ねたり、問題
解決能力のアップを目論んでいます。

そういった本質的な学力の追求に
優れた教材がまなびwithだと思います。

まなびwith料金は?

12ヶ月一括払い 月額2,079円(12ヶ月24,984円)
6ヶ月一括払い 月額2,117円(12ヶ月25,404円)
毎月払い 月額2,286円(12ヶ月27,432円)

やはりタブレット教材の
コストパーフォーマンスの高さは
際立っていますね。

七田式や公文式の教室に通うことを考えると
非常にお財布に優しい教育費です。

東大に入学することが、お子さんの
教育の最終目的でないなら最近著しく

進化をしてきたタブレット教材も

お子さんの教育の選択肢に入れるのも

全然ありだと思います。

[box06 title=”あわせて読みたい”]幼児教育について語ってみる[/box06]

スポンサードリンク

コメント