スポンサーリンク

思考行動基準 その2

スポンサーリンク
思考行動基準
この記事は約1分で読めます。
最新記事をチェック

こんにちは

高校・大学入試
成績アップナビゲーターの白ひげです。

【進研ゼミ中学講座】

スポンサーリンク

成長するために

スポンサードリンク

行動と結果に責任を持つ

スポンサードリンク

あなたのお子さんは、これから

成長し、目標をどんどん叶えていくことになります。

そのための環境やアドバイスを活用してほしいと思います。

スポンサーリンク

しかし、行動するのはお子さんです。
ぜひお子さん自身が自分の行動と結果に責任を持てるようにして欲しいですね

これからの社会で必要とされるのは行動と結果に責任をもつ「大人」です。

行動するのはお子さん自身=自分です。

そしてその行動の結果もお子さん自身のものです。

誰かが代わりに責任を取ることはできません。

行動と結果は自分で責任を取れる大人になってもらいましょう。

 

そのために勉強してもらっているのです。

【進研ゼミ中学講座】

 

スポンサードリンク

コメント