スポンサーリンク

できない子のお母さんは、「うちの子はやる気がない」が口癖

スポンサーリンク
親の勉強
この記事は約2分で読めます。
最新記事をチェック

 

こんにちは。私のブログにたどり着いてくださりありがとうございます。今日のお話はできないこのお母さんの口癖です。

今日の記事はこんな人の問題を解決するかもです。
今日の記事を読んで欲しい人
★ 子どもを信頼できないお母さん
★ 子どもの一面しか見ていないお母さん
★ うちの子はやる気がないが口癖のお母さん
スポンサーリンク

できない子のお母さんは、「うちの子はやる気がない」が口癖

スポンサードリンク

 

「白ひげ先生、うちの子はまったくやる気がないんです」

と口癖のように言ってくる親がいます。

私が、

「○ くんは、うちの塾で、明るくて元気にやっていますよ」

と言うと、

「先生、そんなはずありませんよ。うちの子は暗いし、言うことを全然聞かないし……

と言うのです。

私が見る限りにおいては、

どう見ても明るいし、

ほかの子たちと

仲良く元気に

はしゃいでいます。

そういう面があるのに、

お母さんは自分のイメージに

り固まっていて、

それを理解しようとしません。

子どものマイナスな面しか見ていないお母さんの子は

こういう親子関係の場合、

見ていてよくわかります。

教室でさっきまで

元気に明るくしていたと思ったのに、

「お母さんが来たよ」

と言ったとたんに(瞬間に)、

シュンとするのです。

そして、

お母さんと会ったときには、

すっかり元気をなくしています。

子どもやる気を奪う母親

実はお母さんが

子どものやる気を

うばっていることが多いのです。

子どもは親の言ったとおりに育つ

子どもは、

お母さんが作り上げた

イメージどおりになろうとします。

無意識のうちに

う振る舞ってしまいます。

お母さんが、

子どもに対して

良いイメージを持っていないと、

そのとおりになってしまいます。

自分の知らない

子どもの姿もあるのだ

ということを理解して、

できるだけ良いイメージを

描いてあげましょう。

勉強ができる子のお母さんは

勉強ができる子のお母さんは、

子どもの短所をよく知りつつも、

基本的には子どもに対して

良いイメージを持っています。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
はてブ!の登録とブログランキングとブログ村のポチッともよろしくお願いします。

ブロトピ:更新しました

ブロトピ:ブログを更新しました!

ブロトピ:ブログ更新通知

スポンサードリンク