スポンサーリンク

大量演習をやってみよう

スポンサーリンク
中学生
この記事は約3分で読めます。
最新記事をチェック

大量演習をやってみよう

スポンサーリンク

「連立方程式の文章題」

スポンサードリンク

今回は「連立方程式の文章題」をテーマに

 

お話しします、

 

昨日は連立の質問が大量に来ました(;´▽`A“

 

えっ…こんなにため込んだの?

 

もっとマメにおいでよ~(><;)

 

っていう子もいましたね~

 

ということで、

 うまく連立を克服した生徒

昨年うまく連立を克服した生徒がいたので、

 

その子の話をしますね。

 

連立方程式って

 

代金の問題とか平均の問題、道のり、割合など

 

様々なパターンがあるんです。

多くの生徒がつまづく問題のパターン

その中で、多くの生徒が引っ掛かるのが

 

道のりと割合

 

ですY(>_<、)Y

 

その生徒は代金とかは出来るんです。

 

道のりも割合も簡単な問題はできました。

どこまでやったらいいですか?

塾で使っているワークは

 

A~Cまで問題のレベルがあるのですが、

 

A問題が全部終わって、

 

「どこまでやるといいですか?」

 

って聞いてきたんです。

 

「どこまでできるようになりたいの?」

 

と聞き返すと

 

「入試で困らないくらい」

 

となるとC問題までやらなきゃいけなくなるんですね。

 

ハードルは高いです(*^o^*)

 

イヤそうな顔してましたね~

 

「やる?」

 

と聞くと、

 

「やる!」

 

と決意し、すごい勢いで解き始めましたφ(.. )

5回の授業を全て連立方程式文章題に当ててみたら

普通、1テーマをA~Bくらい解くのって

 

授業を2回くらいやれば終わっちゃうんですが、

 

彼はC問題までで、全部で授業5回分を

 

連立方程式の文章題に当てました。

できるまでやるって本当に大事

難しくても、質問をしなくなってきて、

 

「ヒントだそうか?」

 

なんて、邪魔をすると

 

「いらないっす」

 

と返してくるくらい集中して取り組んでましたね。

全部解き終わった時、晴れ晴れとした表情だったな~(^O^)

で、どうなったかというと

 

連立の小テストをしてみたのですが

 

平均点が22問中10点

 

彼は21点:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

彼は、

 

「やる!」という覚悟を持ち、

 

「大量演習する」という行動を選択したのです。

 

解説を聞くとなんとなくできた気になっちゃう場合ありますよね。

 

でも、いざテストになるとできない(_ _。)

 

出来るまでやることってホントに大事です。

 

出来ないときは大量演習をやるといいですよ(o^-‘)b

スポンサードリンク

コメント