スポンサーリンク

親が変われば子どもは変わる

スポンサーリンク
親の勉強
この記事は約3分で読めます。
最新記事をチェック

親が変れば子どもは変る

スポンサーリンク

「なんで、うちの子はやる気がないんだろう。」

スポンサードリンク

反抗期の子どもの親へのちょっと耳の痛い話

スポンサードリンク

勉強もせずに、テレビ、漫画、ゲームに熱中する我が子を見て、そう嘆く親御さんは多いと思います。しかし、子は親の鏡と言います。まず親が変らなければ、子どもは変りません。そのキーワードは「価値観の構築」です。ちょっと堅い話になりますが聞いてください。

 

今の日本、あるいは世界全体の流れは、まちがいなく自己責任型社会へと向かっています。こうした社会では、個々の価値観を確立することが何より重要です。

 

戦後の日本は、己の価値観を他者に預け、ひたすら経済を追求してきました。それはそれで、ある意味成功したのですが、その代償がここにきて一気に噴出した感があり、

 

とりわけ教育の分野では目を覆うばかりの惨状です。

子どもの自主性を尊重?

まず、我々大人が子どもに示すべき価値観を持てなくなっています。結果、「我が家は子どもの自主性を尊重しています」という放任主義が主流です。ところが最近では、放任が放棄になり、悲惨な事件がニュースになることが珍しくありません。

子どもの自主性はどう培われるのか?

そもそも、子どもの自主性とはどのようにして育まれるのでしょうか。それは、子どもが成長過程の中で様々な価値観とぶつかり、反発し、それらを比較検討することで自らの価値観を構築し、その中で自主性を身に付けていくのです。ぶつかるべき価値観に出会えないままでは、子どもの自主性など育つはずがありません。子どもの学習意欲は、そうした自主性の確立と無関係ではありえないのです。

 

私たち大人は、その責任として、恐れず、侮らず、見くびらず、子どもに対して自らの価値観をぶつける必要があります。もちろん、我々にとっても苦痛を伴う作業です。なぜなら、それは我々大人が見失った自分の価値観を取り戻すことであり、自分の人生を問い直すことだからです。

価値観

価値観の無い大人は

確固たる価値観を持たない人は、反論を許さない抽象論を述べる傾向があります。

 

以前、いじめと自殺が社会問題となった時に、有識者と呼ばれる人の意見が各方面から出されましたが、曰く「命の大切さを教える教育を」「子どもの目線に立った指導を」などと、具体性のないものばかりでした。

 

言っていることは、なるほど「ごもっとも」なことばかりですが、家庭や学校の教育現場で必要なことは、美辞麗句のスローガンではなく、具体的な方法論なのです。

具体的な方法論

また、「なぜ勉強は必要なの?」という子どもの素朴な問いに対して、あなたの将来のためよ」では全く説得力を持ちません。

 

その是非はともかくとして、「良い学校に行って、良い会社に入って、安定した生活を送るため」のほうが、子どもにとっては反論、反発の余地があるだけ有益な回答と云えます。

 

私の専門は子どもの意欲喚起と学習指導です。これからも、子どもの学習意欲を促すための方法論と教育に関する様々な価値観とを、できる限り具体的にお話ししてまいります。

教育論の正解って?

もとより教育論に唯一の正解などは存在しません。お父さん、お母さんが、私の意見に反発しながら自らの価値観、教育観を考えるきっかけになれば、今回の私の目的は達成されたことになります。

 

そして、そのことがお子さんの学習意欲に良い結果をもたらすことを確信しています。

[box06 title=”あわせて読みたい”]親が変われば子供が変わる

競い合うことは悪ですか?_

素質の意味を考える

学習意欲のメカニズム

中学生の学習計画の立て方

褒めることの大切さ

真説 学習意欲のメカニズム[/box06]

 

スポンサードリンク

コメント