スポンサーリンク

成績アップ鉄板学習 3歩先行く自立学習教材

スポンサーリンク
中学1年 期末 家庭科
この記事は約8分で読めます。
最新記事をチェック

3歩先ゆく勉強法

スポンサーリンク

最先端学習法

スポンサードリンク

家庭学習で成績を上げるためには

スポンサードリンク

現在全国的に春期講習が様々な塾で
行われていますね。

あなたの身近な人にも塾の春期講習
に参加している人もいるでしょう。

ほんの数年前まで、塾全盛期で、特
に個別指導が世の中の塾では隆盛を
極めていました。

しかし、現在ではなんの研修も受け
ていない大学生の先生が教えてくれ
る個別指導にとって変わって、自立
型学習の塾が世の中ではやりつつあ
ります。

これはどういうことかというと、
学校で授業を受けているのだから
塾で同じことをする時間が勿体無い
ので、学校の授業で学んできたこと
を塾での演習の時間に当てようとい
うスタイルの塾です。

自立学習を極めよう

私は、成績を上げるためには、生徒
自身が自分で問題を解く必要が絶対
に必要だと、考えています。

子ども自身が自ら問題に取り組み、
演習を繰り返す中で学力がついてい
く。先生が問題を解いている所を見
ていても成績は上がらないのです。

引退してしまいましたが、野球部の
子がイチローのバッティング練習を
じっと観察していたらヒットが打て
るのか?

テニス部の子が錦織選手のスマッシュ
の練習をじっくり見ていたらエアーK
を打てるようになるのか?

といったことと同じです。

成績は、子ども自身が解いた問題の
量と、かけた時間の掛け算で決まる
という考えです。

どんなに素晴らしい先生に教わって
素晴らしいテキストを使って勉強を
したとしても、解いた問題が1時間
で一問だけだとしたら、同じ時間に

50題解いた人には勝てもません。

そして現在は、ネット環境が発達し
ているので、わざわざ、塾に通わな
くても家庭学習で十分成績を伸ばせ
るインフラが整っています。

自宅で、自分で自分に必要な学習を
コツコツと進めていくための、教材
や授業がほんの数年前にでは考えら
れないほど充実しています。

いつまでも、養殖場の魚のように、
誰かが餌を投げてくれるのを口を
開けて待っているような受け身、
のスタイルで

先生が問題を与えてくれるのを教室
で待っている必要はないのです。

自分から自発的に、問題をどんどん
進めていける環境、わからなかった
ら、インターネット上に存在する先
生に自分から、質問していけるよう
な自立した、学習を進めていく生徒
が、圧倒的に成績を上げるような世
の中になりました。

では、自立学習を極めていくために
必要な教材や教具にはどういったも
のがあるのか、まとめてご紹介して
いきたいと思います。

三歩先ゆく勉強法教材

中学生にオススメの通信教材『デキタス』「すらら」とは?

「デキタス」「すらら」はネット塾
の中でも最新のシステムが使われて
いて

どちらも評判がいいので、中学生に
オススメの教材として、今回はピッ
クアップしました。

どちらも、学習塾や学校でも導入さ
れていて、長年の試行錯誤の結果、
今のスタイルに収斂されてきただけ
あって、なかなかよく考えられた、
素晴らしい教材です。

私の知人の塾でも導入されていて、
実際に全国的に演習指導様教材とし
て導入する塾が増えているところか
らもその効果の高さが伺えます。

通信教材デキタス

城南コベッツという、神奈川の大手
進学塾が開発したネット塾です。

城南進学研究会は、同業の塾屋さん
の間では、合格保証制度などで生徒
の囲い込みを行うのであまり評判が
よくありませんが、それだけ指導に
自信がある証拠でしょう。
同業者からの評判は芳しくありませ
んが、地域では昔から続く歴史のあ
る塾として競争に勝ち抜いてきた、
それなりの指導実績のある予備校が
開発した最新の学習システムです。

対話型アニメーション教材「すらら」

株式会社すららネットという会社が
運営する、塾業界初の対話型授業教
材がすららです。

学校などで、テストを繰り返しなが
ら開発されたプログラムで、文部科
学大臣賞を通信教材として受賞して
いるのも大きな特徴です。

[box03 title=”デキタスとすららの違い”]
三歩先ゆく長所の比較

一歩め 授業の内容について

二歩め 価格について

三歩め どちらが成績が上がる?[/box03]

1歩め「デキタス」・「すらら」授業内容を比較する

まずは、「デキタス」・「すらら」の授業風景を比較してみましょう。

どちらも公式サイトが提供している授業です。

デキタスのサンプル授業 

・講師が、学校の授業のようにみんなに向けて話している。
・余計な説明がなくて簡潔にまとまっている。
・間違えたところが自動的に蓄積されていき自分の弱点をすぐにやり直せる。

 

すららのサンプル授業

・いいタイミングで話しかけてくれるので、集中力を維持しやすい。
・参加型の授業なので。講師とのやりとりが頻繁にあって親しみやすい。
・つまずき診断システムがあるので間違えたところを分野で教えてくれる。

実際に動画を見てよく比較してください。

個人的には私が集団指導の塾で授業
を行っていた時は

いかに情報量を削って、簡潔にシン
プルに生徒に伝えるかということに
心を砕いてきたので、デキタスに好
感が持てました。

一方、すらら のつまずき診断システム
は非常に秀逸で、弱点を「分野」
で指摘してくれるので、学年の枠にと
らわれず単元ごとのポイントを絞った
学習ができるところが強みだと感じま
した。

2歩め 「デキタス」・「すらら」価格の比較

ここでは、それぞれの料金を比較して
みましょう。

「デキタス」

デキタスは入会金が0円
授業料は小学生が3,000円、
中学生が4,000円
これ以外はかかりません。

「すらら」

すらら の方も現在はキャンペーン
中なので入会金が0円

授業料は7,480円〜10,000円と幅があります。

一概に、どちらが高いやすいで決め
るのではなく、どちらも体験してみ
て、どちらがお子さんにとってより
あっているかで判断をしたほうがい
いでしょう。

三歩め 「デキタス」・「すらら」どちらがより成績を上げやすいか?

ここまでご紹介してきたネット教材
ですが、こういった教材は、基本的
にお子さんが一人で自発的に取り組
むものです。

したがってどのようにしてお子さん
の「苦手」にアプローチしてくれる
か?という部分がとても重要になっ
てきます。

間違えた問題ができるようになるか
ら、成績が上がるわけですから、そ
こがポイントです。

「デキタス」
テストモードで苦手にアプローチ

自分で作れる「テストモード機能が
あるので、苦手を克服するのに役立
ちます。

授業内容の比較でも、触れましたが
この機能はかなり考えられた苦手克
服の仕組みだと考えられます。

「すらら」

つまずき診断で苦手にアプローチ

すらら には「つまずき診断」という
機能があって、テストで間違えた所
が一覧で表示され、お子さんが学習
すべき所が分野で表示されます。

どの関連分野に力を入れて学習した
らいいのかが一目瞭然でわかるので
非常に効率的です。

成績アップ鉄板学習

ここまで、「デキタス」と「すらら」の
教材としての優劣を比較してきましたが

ここまで機能が発達してくると、単純に
どちらが優れていると判断しにくく、ど
ちらも家庭学習用の教材としては、ほぼ

互角の機能なのでは?というのが私の見
解です。

「デキタス」にしろ「すらら」にしろ
単なる道具で、道具は使いこなしてこそ

その効果を発揮します。

それぞれ、お子さんの好みに合わせて

勉強道具として、正しく使いこなせれ

塾に通わず、ひとりで学習するお子さ
んを、助けてくれる機能や仕組みが充
実しています。

それぞれのシステム開発者が知恵を
振り絞って開発していますから、お
子さんと、どちらの教材が相性がい
いか選んでみることが大事だと思い
ます。

 

中学生の成績アップ鉄板学習 3歩先行く自立学習教材 まとめ

・授業内容に関して

「デキタス」「すらら」ともに
非常に学習者のことをよく考えた
痒いところに手の届くシステムで
甲乙付け難い授業の構成となっている。

しいてあげるなら、

お子さんが

ゆったりとしたリズムを好むのか?
サクサク進んでいくことを好むのか?

といった、お子さんの特性で選んで
も問題はない。

お子さんがビジュアル情報を大事に
するタイプならすらら

体感覚を大事にしていて、早口の人
が苦手なタイプならデキタス

という選び方でも全然OK

価格に関して

デキタス 入会金0円 月謝4,000円
すらら  入会金キャンペーン期間なら0円 月謝8,000円〜10,000円

月謝に関しては、学習塾や家庭教師
と比較すれば格段に安く節約できる。

1万円以内で5教科対応してくれて
いることを考えれば破格の安さだと
言える。

どちらがより成績を上げられるか

 

デキタスはテストモードで苦手に対応
自分でテストを作って学力アップ

すらら はつまずき診断で苦手分野を抽出
自分の弱みを目で見て弱点対策

 

筆者の総評

デキタス、すらら どちらも教材としては秀逸で
学習塾講師としての長年の経験からいっても

甲乙付け難い教材である。

どちらを導入しようかもし、あなたが悩んで
いるなら、プロの講師・コーチとして以下の
ようにアドバイスをするので参考にしてくだ
さい。

デキタス 

長年学習塾・予備校を運営してきた
城南進学予備校が開発しているので

遡行学習がしやすく、一つの動画授業が
5分程度と非常にシンプル。

長時間の学習が苦手や集中力が持続
しないという子には向いている飽き
がこない設計。

コスパにも優れている。

すらら

文部科学大臣賞の受賞などに信頼性を感じる家庭
「つまずき防止システム」に魅力を感じる家庭

の人に向いています。

不登校や学習障害がて楽手が遅れている
お子さんの場合にも専門家が計算して
効率よく学習できるように設計
されています。

どちらにせよ、学習効果は自立学習
教材としては極めて高く、説明を聞
いてつまずくことなく学習を進めて
いける教材です。

どちらも無料体験ができるので
ぜひ両方体験して比較検討する
ことをオススメします。

 

スポンサードリンク

コメント