スポンサーリンク

勉強中のラジオや音楽は学習効果を高めるのか?

スポンサーリンク
中学生
この記事は約2分で読めます。
最新記事をチェック

勉強中のラジオや音楽は学習効果を高めるのか?

スポンサーリンク

勉強中にラジオや音楽で集中できるのか?

スポンサードリンク

よく保護者の方から質問されるのですが
ipodやスマホで音楽を聴きながら勉強しているけれど
本当に集中できているのか不安です。
先生こんな勉強態度でいいのですか?

先日、市役所に付属している図書館に
行ってみるとイヤホンをしながら
勉強している高校生

静かな喫茶店でイヤホンを耳にしながら
辞書を引いている大学生など

ながら勉強をしている若者をよく見かけます。

結論から言うと

音楽を聴きながらやラジオを
聴きながらの勉強は

はっきり言って

集中の障害にしかならない
学習効率を著しく落とす

だけなのでやめたほうがいいでしょう。

脳の機能を分散して使って
効果が出るはずがありません。

VAK全てを学習に向けること

コーチングを学んだ人や
NLPを学んだことがある方は
聞いたことがあるかもしれませんが

人が情報を仕入れる時に使う感覚器官の
頭文字をとってVAKと言っています。

VAKとは?

スポンサードリンク

視覚から情報をメインに取り入れるタイプの人を
ビジュアルタイプ(Visual)といいVタイプの人と言います。

聴覚から情報を主に仕入れるタイプの人を
オーディオタイプ(Auditory)Aタイプ

身体感覚から情報をメインに取り入れるタイプの人を
キネステティックタイプ(Kinesthetic)Kタイプと言います。

誰しも、このVAKを使って
情報を仕入れているわけですが

情報の取り入れ方は人によって様々で
このVAK3タイプのうちのどれかが特徴的に
個々人によって強く出るので

私はAタイプ、あなたはVタイプね

などと言ったりします。

もちろん人間ですから
全ての感覚器官を使って日々情報を仕入れているわけで

勉強しているときは
この3つの感覚、視覚聴覚身体感覚
全てを学習に振り向けたほうが
効果が高くなる事は当然です。

音楽やラジオを聴きながらの学習というのは

聴覚が目の前の学習以外のところに能力を使ってしまうので
特に日本語の歌やラジオ番組などは
無意識に脳が反応してしまうので

集中力が高まるとは思えません。

学習をするときは日本語で音声を発するものは
文字化に置かないことがオススメです。

リビングで勉強をしていて
家族がテレビを見ているなどという状況は
あまり好ましい学習環境とは言えません。

スポンサードリンク

コメント