スポンサーリンク

新年度、親として注意すること。

スポンサーリンク
中学生
この記事は約4分で読めます。
最新記事をチェック

新年度に入り保護者が注意すること

スポンサーリンク

中学生の保護者が特に注意すること

スポンサードリンク

いよいよ、新年度のスタートが切られ
ました。

新1年生なら、中学生活ってどうなんだ
ろう?

新2年生なら、どんな後輩が入ってくる
のだろう?

新3年生なら、いよいよ受験かぁ。頑張
らなくちゃ!

などなど、色々な感慨があることでしょ
う。

年度の切り替わる時期に気をつけること

スポンサードリンク

ですが、

保護者の方と生徒本人にとって
学年の切り替わりの時には気をつけねば
ならないことが幾つかあります。

今日はそのお話です。

新年度に気をつけねばならないこと3つ

新年度に特に気をつけねばならないこと
は3つあります。

1.友人関係の変化に目を配ること
2.担任の先生との関係性に注意すること
3.先輩後輩との関係に目を配ること

の3つです。

1.友人関係の変化に目を配ること

 

一番意識すべきことは、友人関係の変
化です。

クラスが変わるのでお子さんの友人関係
も変わって来ます。

いい友人がたくさんできる方向に変化し
てくれれば言うことはありませんが、そ
の逆も当然想定しておく必要があります。

では、もし万が一、その逆の事態が起き

て、お子さんにとって好ましくない友人
との関係が濃くなる方向で変化してしまっ
たらどうしたらよいのでしょうか?

簡単に言うと、

・子どもの友人関係を無理に整理しない

ということです。

できることは

・ひたすらお子さんに対して承認のシャワー

をし続けること。

※承認のシャワーとは、親がお子さんに対
して「信頼しているよ」「あなたは私の子

供なんだから、何があっても大丈夫」「見守

っているよ」という姿勢で言葉がけをしたり
愛情を持って接したりすることです。

この2点だけを意識してお子さんの

友人関係を見守ってあげてください。

 

 

2.担任の先生との関係性に注意すること

次に気をつけなかればならないことは
担任の先生との関係です。

学校の先生の中には

・お子さんにとって好ましい先生と
・お子さんにとって好ましくない先生と
・お子さんにとって相性のいい先生と
・お子さんにとって相性の悪い先生

などがあります。

好ましい先生でも、お子さんと相性が合

わないと、トラブルが起きてしまうかも
しれません。

そうなっては困るので
何か起きる前に対策を立てておく必要が
あります。

もし、お子さんが、担任の先生に対して
不満を語るようなことが頻繁に続くような
事があれば

早めに、担任とアポイントメントをとって
よくお話をする必要があります。

クレームを入れるという感じではなくて
担任の学級経営の方針を聞くような感じで

どういった意図でクラス運営をしている
のかを聞いてくるという感じです。

あまりにも、おかしいと感じるようなら
ば、学年主任の先生にお話を伝えておく

とよいと思います。

3.先輩後輩との関係に目を配ること

最後は部活です。

部活動は学年が変わると、立場が大きく

変わります。

後輩から先輩になると
後輩をいじめる子がでてきたり
お調子に乗ってしまう子がでてきたりし

ます。

大きな問題が出なければ、そのまま
見護ってあげるだけで大丈夫です。
顧問の先生がしっかりと目を配って

くれます。

 

しかし、お子さんが悩んでいたり
部活への意欲を失ってしまうような事が
あるのであれば、何かトラブルが起きか
けていると捉えて、早めに対応していく
と良いです。

この場合、顧問の先生に連絡をし
最近の様子などを聞いてみると良いと
思います。

早め早めの対応をお子さんのために
してあげてください。

お子さんによっては
保護者の方に素直に問題を打ち明けら
れる子と、そうではないお子さんがお
られますが

お子さんを問い詰めるのではなく
「最近何かあった?」と、お子さんが心を
開きやすい質問を心がけてください。

あなたが、お子さんを信頼していれば
お子さんも素直に心を開いてくれるはず
です。優しく問いかけてあげてください。

スポンサードリンク

コメント