スポンサーリンク

高校生の引きこもり<<原因と対応法>>元教師がを解説

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。
最新記事をチェック

高校生の引きこもり対応のページの内容 ここでは、高校生の引きこもりについてまとめます。最近、中学卒業後に、不登校になって部屋に引きこもってしまう子が増えています。でも、安心してください。原因を理解すれば、最短1ヵ月で解決できます。そこでこのページでは、高校生の子どもが引きこもりなったとき、親ができる対応法をまとめていきます。 ここでは、高校生の引きこもりについてまとめます。最近、中学卒業後に、不登校になって部屋に引きこもってしまう子が増えています。でも、安心してください。原因を理解すれば、最短1ヵ月で解決できます。そこでこのページでは、高校生の子どもが引きこもりなったとき、親ができる対応法をまとめていきます。目次1.高校生が引きこもる3つの原因2.病院で治療すれば解決できるのか?3.最初に親がすべき2つの対応ステップ4.親が鬱になったり、子どもが暴れたりするときは?5.こちらもおすすめ!高校生の不登校克服法6.愛情バロメータを上げて解決する方法7.【動画で解説】高校生の引きこもりの詳細編【中学生の引きこもり解決法】このページで解説しているのは、高校生の引きこもり解決法です。中学生の場合、少し対応方法が異なります。その場合、以下のページにまとめてあるので参考にしてみてください。中学生の引きこもりの原因と対応法はこちら高校生が引きこもる3つの原因そもそも、なぜ子どもは部屋に引きこもるのでしょうか。高校生の子どもが引きこもる原因は、主に3つあります。まずはどれが該当するか、チェックしてみましょう。①親子関係が悪いお父さんやお母さんとの関係が悪いと、家にいるのが楽しくなくなりますよね。子どもが家に帰ってきて、いつも叱られていたら自然に部屋に引きこもってしまいます。嫌なことを言われ続けると、心が苦しくなってきます。すると行動するエネルギーがなくなり、徐々に朝起きれなくなります。その結果、不登校などにつながってしまうのです。②学校が楽しくない学校が楽しければ、子どもは部屋から出て学校に行きます。しかし、学校でいじめを受けていたらどうでしょうか。「学校に行くたびに辛い思いをするぐらいだったら、家から出ないでおこう」という気持ちになりますよね。すると少しずつ家から出なくなり、最終的に部屋に引きこもってしまうわけです。③健康上のトラブル最近増えているのが、起立性調節障害です。血圧が低くなって、朝起きたくても起きられなくなる症状です。酷くなると、午前中は寝たきり状態になるため、部屋に引きこもってしまうわけです。高校生の子どもが引きこもりになるのは、いろいろな理由があります。ただ、私の経験上、この3つのどこかに該当することが多いです。もしお子さんが引きこもりになっている場合は、どこに該当するかチェックしてみて下さい。病院で治療すれば解決できるのか?子どもが引きこもりになると、精神科の先生に相談に行く方が多いです。では、精神科医に相談すれば、引きこもりは治るのでしょうか。私の経験上、健康上のトラブルが原因の場合は解決できることがあります。たとえば、起立性調整障害の場合、血圧を上げる薬を処方してもらうと、学校に行きやすくなるケースはあります。また、引きこもりが続いて健康状態が悪くなった子の場合、漢方やプロテインで栄養を補ったところ、体調が良くなって学校に行けるようになったケースもあります。で栄養補給すると、学校に行けることがあります。このように、「健康上の理由」が原因で引きこもっている場合、精神科医に相談して薬を処方してもらうことで、解決できることがあります。最初に親がすべき2つの対応ステップ” />健康上の理由以外の場合、病院に行ってすぐに解決、ということは少ないです。ではどうしたら、高校生の引きこもりを、解決することができるのでしょうか。今から解説する2つのステップを順に進めていくのがおすすめです。ステップ1 愛情バロメータを上げるお父様やお母様の愛情を的確に子どもに届けると、子どもの心の中にある愛情バロメーターが上がります。※愛情バロメータが高い状態=親の愛情を感じている状態子どもは親からの愛情を感じると、行動するためのエネルギーが湧いてきます。すると「外に出てみよう」「学校に行ってみよう」という気持ちになります。すると少しずつ部屋から出られるようになり、いずれは学校にも行けるようになります。ステップ2 問題を解決するどれだけ親の愛情を子どもに伝え、行動するためのエネルギーが出てきたとしても、高校で問題が起こっていると、学校に戻ろうという気持ちにはなりません。するとやることがなくので、部屋に引きこもってゲームをすることになります。ではどうしたら、学校でのトラブルを解消することができるのでしょうか。たとえば友達関係のトラブルであれば、先生に介入してもらうことで解決できることが多いです。まずは先生に相談してみましょう。また、学校までの距離が遠すぎて、通学に時間がかかりすぎるという問題もあります。この場合は学校の近くにアパートを借りて、そこから通うようにすると解決できることがあります。問題は子どもによって異なりますが、行けない理由を聞いて、できる対策をすれば、ほとんどのトラブルは解決できるでしょう。親が鬱になったり、子どもが暴れたりするときは?引きこもりが激しくなってきて、親がが子どもに「そろそろ部屋から出なさい」と言うと、子どもが暴れることがあります。この場合はどのように対応していけば良いのでしょうか。この場合の対応方法は、愛情バロメータを上げることです。なぜなら親子関係が良くなれば子どもは親がが嫌がる事をやらないようにしようと思うからです。ただ、あまりにも子どもが暴れる場合、お父様お母様自身がきつくなり、愛情バロメータを上げられなくなることがあります。この場合、全寮制フリースクールなどの外部機関と連携して、一時的に子どもと離れることをおすすめです。多少費用はかかってしまいますが、早い段階で解決して子どもを社会に復帰させた方が、最終的なリターンが大きいからです。子どもが暴れていて親としてどうすることもできないという場合は、全寮制フリースクールも検討してみると良いと思います。とはいえ、世の中には「指導方法が良くない全寮制フリースクール」もたくさんあります。外部機関を利用するなら、子どものことをきちんと考えてくれているところに預けることが大事なのです。そこで次のページでは、子どもを安心して預けられる全寮制フリースクールの選び方を解説しました。変なところに預けてしまう前に、チェックしていただければ幸いです。全寮制フリースクールの選び方はこちらこちらもおすすめ!高校生の不登校克服法今回お伝えした内容を意識して、子どもの引きこもりに向き合っていただければ、少しずつ改善されてくると思います。ただ、高校生になって突然不登校になってしまうケースもあるでしょう。不登校の期間が長引くと、退学になってしまうこともあります。そこで次のページでは、「高校生の不登校克服法」を解説しました。親ができる対応方法や、不登校の克服ステップについて詳しくまとめたので、参考にしていただければ幸いです。高校生の不登校克服法解説ページに進む愛情バロメータを上げて解決する方法 最後になりますが、現在私は、思春期の子どもがいるお父様お母様向けに、思春期の子どもと接する方法を解説する勉強会を、全国で開催しています。ただ、距離の関係で会場まで来られない方もいらっしゃいます。そのような方にオススメしたいのが、思春期の子どもに対する細かい接し方を無料で解説する「思春期の子育て講座」です。こちらの講座では、思春期の子どもとの会話を3倍に増やす会話テクニックや、学校で問題を起こした時の対応法などを解説しています。この記事で説明した、「愛情バロメータを上げる方法」を解説しているので、きちんと実践していただければ、短期間で引きこもり状態も解決すると思います。無料で読める講座で、今なら3980円で販売していた思春期の子どもの問題行動解決マニュアルも受講特典としてお配りしているので、よかったらこちらも参考にしていただけると嬉しく思います。 動画で解説!!高校生の引きこもりの詳細編引きこもりの原因に戻る
Source: 中学生の学習法

スポンサードリンク

コメント