スポンサーリンク

高校の入学祝い<<相場と金額>>男女別おすすめプレゼント

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。
最新記事をチェック

高校の入学祝いに関する相談息子がこの度志望校に合格しました。頑張っていたので、何かお祝いをあげたいのですが、どういったものを渡すのが良いでしょうか?また現金で渡すのはアリでしょうか?もしありなら、相場を教えてもらえると助かります。お子さんが志望校に合格されたら、親として非常にうれしいですよね。ただ、そこで悩むのが入学祝いです。いくら渡すか?何を渡すか?親として悩む部分を詳しく解説しました。目次1.相場は1~3万円!現金で渡すのがベスト2.どうしてもプレゼントで渡したいときは事前調査をする3.パソコンやゲームなど高価なものを渡すのはあり?4.スマホを買ってあげる時に注意すること5.【おすすめ】高校生の勉強のコツを解説しました!6.もし中学生の弟さんや妹さんがいる場合はこちら7.【動画で解説】の詳細編★ –>相場は1~3万円!現金で渡すのがベスト子どもが高校に合格すると、プレゼントを渡したいと思うのではないでしょうか。ただ、渡すものに悩むと思います。時計やカバンなどいろいろな候補があるからです。学校から「これを買っておいてください」と言われているものをプレゼントとして買ってあげるのは良いと思います。ただ、自分で考えてプレゼントをする場合、基本的には現金の方が良いです。なぜなら、子どもが何を欲しがっているかわからないからです。たとえば、時計を買う場合、子どもがどういう時計が欲しいのかわからないですよね。つまり、予想してあげたところで、子どもは喜ぶ可能性は低いです。それなら現金であげて「これで好きなものを買いなさい」と言った方が、喜んでくれる可能性は高いです。ではいくら渡せばよいのでしょうか。相場としては大体1万円から3万円位が平均だと思います。お父様お母様があげる場合はこれぐらいの金額で、どれだけ高くても10万円くらいを限度にした方が良いと思います。これ以上渡してしまうと渡しすぎです。現金の渡し過ぎは、子どもにとってよくないので、相場の1万円から3万円位を目安に、最大でも10万円くらいにしておく方が良いでしょう。どうしてもプレゼントで渡したい場合は?どうしてもプレゼントを渡したい場合は現金+αという形で、ちょっとしたものを買ってあげるとよいでしょう。1000円くらいのプレゼントを買って、喜ばなかったとしても、そこまで痛手にはならないからです。しかし、3万円のものを買って喜ばなかったらお互いに辛い気持ちになりますよね。1000円~3000円くらいで「いらなかったら捨ててね」という気持ちで買ってあげると良いです。どうしてもプレゼントで渡したいときは事前調査をするどうしてもプレゼントを渡したいときは事前調査をして渡しましょう。お子さんにあらかじめ「高校に合格したら1万円ぐらいの物をプレゼントしたいと思っているけど、それぐらいの物で何か欲しい物はある?」という感じで聞いておくのです。そうすると子どもは「これ買って」と言ってくるはずです。その後子どもが希望するプレゼントを買ってあげれば、喜ばないものを渡してお互いに嫌な気持ちになることは、なくなるでしょう。子どもが喜ばないものを買うのは、愛情バロメータを下げる行為です。「お父さんとお母さんは、自分の事を何も知らないんだな」と子どもに思ってしまうからです。ただ、子どもが欲しがっているものを常に把握するのは、なかなか大変なことだと思うので、あらかじめ調査した上で渡すのがよいでしょう。パソコンやゲームなど高価なものを渡すのはあり?入学祝いで子どもに渡すプレゼントとして、パソコンやiPhoneなどがあります。こういった高価なものを買ってあげるのは良いのでしょうか。あくまでも私の考えですが10万円くらいのもので、子どもが望んでいるのであれば買ってあげて良いと思います。ちなみに私が高校に合格した時、父親からパソコンを買ってもらいました。当時の値段で10万円くらいだったと思います。結構高価なものでしたが、それで私がパソコン依存になったわけではありません。むしろ高校時代から自分のパソコンを使ってネットサーフィンなどをしていたからこそ、現在の仕事ができているのかもしれません。ただし、さすがに30万円以上のゲーミングパソコンを買ってあげたりするは、少し渡しすぎな気がします。お子さんがどうしてもゲーミングパソコンを買ってほしいという場合は、お祝いで10万円を渡して、残りの10万は自分のお小遣いという形で、20万円くらいのものを買わせるようにしましょう。どうしてもそれ以上の価格のものが欲しいというなら、「高校に入ってバイトをして自分で買いなさい」と伝えれるのが良いです。スマホを買ってあげる時に注意すること高校の入学祝として、一番人気なのがスマホです。ただ、スマホをプレゼントするなら、注意すべきポイントがあります。それは「約束」をしておくことです。スマホを使いすぎて昼夜逆転になって高校に遅刻するようになったら、取り上げる・解約するという約束を、しておくのです。昼夜逆転になると、子どもは体調を崩します。子どもが体調を崩しているのに親が何もしないというのは無責任です。「お父さんお母さんは、あなたを守るために、スマホのルールを作るからね」と、購入前に伝えておきましょう。よくやってしまいがちなルール設定スマホのルールを作る時、「成績が下がったらスマホを取り上げ」というルールを設定してしまう方がいます。このルールは中学校ではありですが、高校の場合はおすすめしません。なぜなら、中学校までは義務教育なので勉強させるのは親の役目です。しかし、高校は義務教育ではありません。勉強するかどうかは子どもの自由なのです。つまり、親が頑張って勉強させるというのは、考え方がずれているのです。こういった理由から、成績でスマホを取り上げるというのは、やらない方が良いと思います。なお、子どものスマホのルール設定については、次のページでも詳しく解説しています。これからスマホを渡すという場合は、あらかじめ読んでいただけると良いかと思います。親子で実践!スマホのルール設定の仕方解説ページ【おすすめ】高校生の勉強のコツを解説しました!今回お伝えした内容を意識して、子どものプレゼントを選べば失敗することはないでしょう。中学校を卒業したら待っているのは、高校の勉強です。特に高校の授業は中学校よりもレベルアップするので、最初はついていくのも大変だと思います。そこで、次のページでは高校生の勉強法についてまとめました。最低限押さえるべきポイントをまとめているので、高校入学前にこのやり方をマスターしておけば、無理なく授業にもついていけて、さらに成績も上がりやすくなると思います。高校生の勉強法のページに進むもし中学生の弟さんや妹さんがいる場合はこちら 最後になりますが、現在私は、思春期の子どもとそのお父様お母様向けに勉強会を行っています。短期間で爆発的に成績が上がる方法や、高校受験対策についてなど具体的に解説する勉強会を、全国で開催しています。ただ、年に数回しか行っていないため、タイミングが合わず参加できない子がいるのも事実です。そこで、現在有料の勉強会でお伝えしている内容を無料で見ることができる「7日間で成績UP無料講座」のご紹介をします。こちらの講座では、オール5を取っている子が行っている勉強法、ストレスなしで勉強量が増える計画の立て方、子どもが勝手に勉強を始める声掛け術(親向け)などを解説しています。料金は一切かかりませんし、今なら3980円で販売していたグングン成績が上がる方法マニュアルも受講特典としてお配りしているので、よかったらこちらも参考にしていただけると嬉しく思います。動画で解説!!中学校のPTA役員が決まらない悩みの詳細編★ –>中学生の親からの悩み相談一覧に戻る
Source: 中学生の学習法

スポンサードリンク

コメント