スポンサーリンク

高校の入学式<<友達作り方や母親の服装>>1日の流れは?

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。
最新記事をチェック

高校の入学式の過ごし方のページ内容 ここでは、高校の入学式の過ごし方について解説します。入学式ではどのように、友達を作ればいいかわからない。服装や1日の流れもわからない。という悩みを持っていませんか?実は中学校の時とは少し異なります。簡単にできる友達作り方法や1日の流れを解説したので、参考にしてみてください。お父さんお母さん向けに、服装の説明もしたので、この記事さえ読めば高校の入学式での不安はなくなるはずです! ここでは、高校の入学式の過ごし方について解説します。入学式ではどのように、友達を作ればいいかわからない。服装や1日の流れもわからない。という悩みを持っていませんか?実は中学校の時とは少し異なります。簡単にできる友達作り方法や1日の流れを解説したので、参考にしてみてください。お父さんお母さん向けに、服装の説明もしたので、この記事さえ読めば高校の入学式での不安はなくなるはずです!目次1.高校の入学式はいつあるの?1日の流れを解説2.【失敗する前に】髪型や服装で注意すべきこと3.誰でも簡単にできる!友達作り3ステップ4.【親向け】入学式の服装はスーツで大丈夫?5.赤点を取る前に!効率の良い高校生の勉強法とは?6.【おすすめ】さらに勉強効率を上げる裏技7.【動画で解説】の詳細編★ –>【新中学1年生向け!友達の作り方】このページは高校生向けの話です。新中学1年生の子が友達を作るときのポイントなどは、以下のページで解説しているので、こちらを参考にしてみてください。新中学1年生生向け!友達の作り方のコツ高校の入学式はいつあるの?1日の流れを解説高校の入学式は、4月5日から8日の間に行われることが多いです。また、時間帯は、全日制高校の場合、午前中に行われることが多いです。9時頃に学校に集合して、体育館の外などに貼られているクラス表から自分の名前を見つけ出して、着席という流れです。入学式は、お父様お母様も一緒に行くケースが多いです。親子で隣通しに座って、話を聞くという感じになります。次に、入学式の流れですが、まずは校長先生からの話があります。その後、吹奏楽部の演奏、担任発表という流れが一般的です。担任の発表があったら、子どもたちは自分のクラスに移動します。保護者は体育館に残って、奨学金の申請の仕方1年間のスケジュール必要な費用等について説明を受けます。簡単なホームルーム活動もあります保護者が説明を受けている間に、子どもたちは教室に行って、教科書や書類を受け取り、翌日からの流れの説明を聞きます。始業式や、発育測定、各教室の説明など、一通り説明を受けたら、余裕があるクラスは一人一人自己紹介する場合もあります。最後に駐輪場についての説明があって、11時頃解散になることが多いです。定時制や通信制の場合は午後から始まることもあります。どのような学校でも全体的な流れは変わりません。【失敗する前に】髪型や服装で注意すべきこと次に、髪型や服装のポイントを紹介します。実は1つ、重要なことがあります。それは、とにかく最初の段階では目立ちすぎないことです。学校によって様々な雰囲気がありますが、目立ってしまうと生徒指導の先生ややんちゃな先輩に目をつけられてしまうことがあるからです。すると学校生活がやりづらくなるので入学したばかりの4月の段階では目立たないような髪型や服装にしましょう。髪型仮に茶髪がOKの学校だとしても、できるだけ明るく染めすぎないようにする。剃りこみや激しいパーマ、スキンヘッドなどは絶対にしない。この辺りを意識しましょう。また、仮に自由な服装であっても、最初は目立ちすぎない方が良いです。服装学ランだったら第一ボタンを開けても良い、スカートだったら丈が短くても良い、という学校もあります。しかし、4月の前半だけはあまりやりすぎないようにしましょう。まじめすぎるくらいがちょうど良いです。誰でも簡単にできる!友達作り3ステップ最初の1週間で1番気になるのは、「友達作り」だと思います。安心ください。誰でも簡単に友達ができる3ステップがあります。このステップ通りに進めていけばどんな子でもすぐに友達ができるので、大丈夫です。ステップ①挨拶まずは、近い席の子に挨拶をしましょう。丁寧に「こんにちは。道山です。これからよろしくお願いします。」という感じで話せば、無視されることはありません。この時、あまり慣れ慣れしくいかないことが大事です。いきなり肩を組んで「こんにちは。よろしくー」という感じでいくと「なんだこいつ」「鬱陶しい」と思われてしまうので、注意しましょう。ステップ②出身校と部活を聞く次に、会話を広げていきましょう。たとえば、出身校と部活を聞いてみるのです。出身中学校が近ければ、「家近いね」という話で盛り上がります。同じ市内に住んでいるだけでも、話が弾むはずです。こういう感じで、共通点を探していくために質問をしましょう。もし同じ部活をしていたら一気に仲良くなると思います。ステップ③共通点を探す最後は、部活と出身校以外の話で、共通点を見つけていきましょう。趣味好きな映画やドラマ、漫画など、1つでも共通点が見つかれば、その子と一気に仲良くなれるからです。「話しかけられて無視されたらどうしよう」「相手が嫌がっていたらどうしよう」と思って話しかけられない子が多いですが安心してください。無視されることを恐れないのがポイント入学式からの最初の1週間は、誰もが友達ができるか不安に思っています。この不安な状態の時であれば、誰に話しかけても無視されません。一つポイントをあげるなら、できるだけたくさんの人に話しかけると良いです。よくある失敗が、最初に1人の子に話しかけて「仲良くなれそう!」と思っら、毎日その子とばかり話してしまうことがあります。これはやめましょう。最初の1週間は最も友達を作りやすい時期です。万が一、その後その子とうまくいかなくなってしまったら、次の友達を作りやすい時期を無くしてしまうことになるからです。最初の1週間はたくさんの子とも挨拶や会話をして、どの子とも話せるようにしておきましょう。【親向け】入学式の服装はスーツで大丈夫?意外と見落としがちなのが、親の服装です。お父さんやお母さんが、おかしな服装で入学式に行くと「あいつの親、気持ち悪くない?」と周りから変な目で見られるからです。そうなると友達作りに影響が出てきてしまうので、この記事の内容を伝えておきましょう。基本的には、父親であればスーツがベストです。派手で目立つスーツよりも、無難なスーツを選びましょう。母親はスーツかセットアップが良いです。「女性 スーツ」と調べると様々画像が出てくるので、落ち着いた雰囲気の物を選びましょう。キラキラしたドレスや着物ではなく、きれいめのスーツやセットアップがおすすめです。入学式はフォーマルな場なので、スウェットやスマートカジュアルな服装などはやめておきましょう。赤点を取る前に!効率の良い高校生の勉強法とは?今回お伝えした内容を意識して、高校の入学式を迎えれば最高のスタートが切れると思います。ただ、高校に入って勉強のやり方がわからず、授業についていけなくなる子もいます。そうなると高校生活が楽しくなくなるでしょう。この場合は、次のページで解説している「高校生の勉強法」を読んでみてください。教科ごとに最低限押さえるべきポイントをまとめているので、テストで高得点が取れるようになるはずです。高校生の勉強法解説ページに進むまたこの記事を読んでいるあなたが、親という立場だとしたら、上手に勉強のサポートをしてあげないと、いけません。そこで次のページでは、高校生の勉強を上手にサポートする方法をまとめました。中学生とは少しやり方が変わるので、よかったら参考にしていただければと思います。【親向け】高校生の子どもの勉強サポート法に進む【おすすめ】さらに勉強効率を上げる裏技 最後になりますが、あなたが新高校1年生の場合、できれば、大学受験もスムーズに合格したいですよね?そんな時におすすめなのが、私が無料で配信している、「7日間で成績UP無料講座」です。この講座では、オール5の子が実践している勉強テクニックストレスなしで勉強時間を増やす時間術【親向け】子どものやる気を引き出す声掛け法などを無料で解説しています。中学生の読者が多いので、中学生向けに解説をしていますが、高校生でも使えるテクニックがたくさんあります。また、お父さんやお母さんが読んでいただくと、すぐに子どもの成績を上げることが可能です。よかったらこちらも参考にしていただければと思います。 動画で解説!!勉強に対する親のかかわり方の詳細編★ –>高校生の勉強法一覧に戻る
Source: 中学生の学習法

スポンサードリンク

コメント