スポンサーリンク

子供の筋トレ<<身長によくない?>>おすすめメニューなど

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。
最新記事をチェック

子どもの筋トレのページ内容 ここでは、子どもの筋トレメニューについて解説します!小中学生のころから激しい筋トレをすると、身長が伸びなくなるから良くないと言われています。これは本当でしょうか?元々教師としてサッカー部の顧問をし、筋トレの指導も行ってきた経験からわかった筋トレのメリットとデメリットを解説します。無理にやりすぎて後悔する前に、チェックしていただけると良いかと思います。 ここでは、部活で怪我をした時の対応法について解説します!運動部に所属していると、怪我は付き物だと思います。もし骨折や捻挫をしてしまったら、休むか見学、どちらが良いのでしょうか?また、最短の時間で復帰するには、どういった治療をすべきでしょうか?元中学校教師で、サッカー部の顧問をしていたからこそわかるケガをした時の対応ステップについてまとめました。目次1.身長が伸びなくなるのは本当か?その理由とは?2.小中学生向け!おすすめ筋トレメニュー3.高校生になったらマシンを使ってトレーニング開始4.プロテインでたんぱく質を補うのはOK?5.足を速くして体力をつければさらにパワーアップ6.勉強と部活を上手に両立する方法7.【動画で解説】の詳細編★ –>身長が伸びなくなるのは本当か?その理由とは?筋トレをすると、身長が伸びなくなるという話をあなたも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これには理由があります。筋トレを激しくやると関節を痛めるリスクがあるからです。関節を痛めてしまうと、身長が伸びなくなるリスクがあるのです。また、成長軟骨に強い負担がかかると、成長を止めてしまうリスクもあります。この2つの理由から、激しく筋トレをすると、身長が伸びなくなるリスクがあるのです。ただ、筋トレをすると人間の成長に大事な成長ホルモンが出ます。つまり、適度な筋トレは、身長が伸ばす効果があるとも言えるのです。やりすぎはNGですが、年齢や状況に合った方法で筋トレを行うと良いと思います。小中学生向け!おすすめ筋トレメニューでは、どのようなメニューで筋トレをしていくのが良いのでしょうか。小中学生の場合は大事なポイントが2つあります。一つ目は、機械は使わないことです。ベンチプレスやケーブルクロスなどのマシンは使わず、自分の体重を使った筋トレをすることが大事です。腹筋や腕立て伏せ、スクワットや背筋などであれば、自分の体重の負荷のみでも十分トレーニング効果があります。小中学生の場合は自重トレーニングで適度に筋肉をつけていくようにしましょう。実際に私が指導していた部活動でも、自分の体重を使ったトレーニングを中心に行っていました。この程度の付加であれば、身長が伸びなくなる不安を持つ必要はないと思います。高校生になったらマシンを使ってトレーニング開始高校生になると体もがっちりしてきます。この段階まで来たら、マシンを使ったトレーニングをしても良いです。なぜなら、骨格が出来上がっているので、負荷が大きいトレーニングをしても怪我のリスクが少ないからです。無理なトレーニングは危険ですが、ある程度できるレベルのものであれば問題はありません。また、高校生の時に付けた筋肉は社会人になっても体に残ります。しっかり筋トレをして体を大きくしておくと、社会人になってから少し劣っても、1~2ヶ月筋トレをすれば元に戻ります。ベンチプレスやダンベル、マシンを使ったスクワットなどのトレーニングをやって筋肉を大きくしておくと良いでしょう。ただ、1点気をつけることがあります。それは「フォーム」です。腕立て伏せや腹筋などの自重トレーニングは、多少フォームがずれてもすぐに体を壊す事はありません。しかし、ベンチプレスや重たいダンベルを持ち上げる時は、フォームが崩れるだけで、怪我のリスクが高まります。マシンを使うときは先生や先輩などに、補助をしてもらって筋トレをすることがとても大事になります。プロテインでたんぱく質を補うのはOK?筋トレをしていると「プロテインは飲んだ方が良いのか」という悩みが出てくると思います。プロテインとは、タンパク質のことです。大豆や肉の中に入っているタンパク質という成分で、これが筋肉をつくります。タンパク質が体の中にある状態で筋トレをするからこそ、筋肉がついていくので、筋トレをした後にプロテインを飲んだ方が筋肉が付きやすいと言われています。このプロテインですが、中学生以降は飲んでも大丈夫です。なぜなら、食事だけで必要なタンパク質を取るのは大変だからです。肉や大豆をお腹いっぱい食べないと筋肉をつけられる量に達しないのです。トレーニングをしていると体に必要なタンパク質の量が増えるので、足りない分をプロテインで補っていくと良いと思います。最近は、コンビニにプロテインバーが売っていたり、スポーツショップに行けば種類豊富な粉末のプロテインがあったりします。親子で一緒に買いに行って、自分に合ったものを適度に飲むと良いでしょう。ただ一点だけ気をつけてほしいことがあります。それはプロテインには覚醒作用が入っているという点です。プロテインは寝る前に飲むと体に良いという人もいますが、夜飲んで眠れないという悩みを持っている方もいます。もし寝る前にプロテインを飲んで寝られなくなったら、飲むタイミングを変えましょう。足を速くして体力をつければさらにパワーアップ今回お伝えした内容を意識して、筋トレを行っていただければ、成長を妨げることなく適度に筋肉がついていくと思います。きっと、部活動でも活躍しやすくなると思います。筋肉に加えて意識してほしいのが、足の速さです。足が速いと部活動でも活躍できたり、体育大会でも目立つことができたりします。実は、足が速くなる秘密のトレーニング法があります。次のページにまとめたので参考にしてみてください。短時間でできる!足を速くする方法解説ページに進むまた、足の速さと同じくらい大事なのが体力です。体力がないとすぐに疲れてしまうため、部活と勉強の両立も難しくなるからエス。でも安心してください。実は、家で簡単にできるトレーニングで体力アップする方法があります。目指すことができます。次のページに詳しくまとめたので、体力に自信がない場合参考にしてみてください。簡単にできる!中学生が体力をつける方法解説ページに進む勉強と部活を上手に両立する方法 最後になりますが、現在私は、思春期の子どもとそのお父さんお母さん向けに、短期間で爆発的に成績が上がる方法を解説する勉強会を、全国で開催しています。ただ、年に数回しか行っていないので、なかなか足を運べないという方もいらっしゃいます。そこで、現在有料の勉強会でお伝えしている方法を無料で解説する講座、題して「7日間で成績UP無料講座」を配信しています。こちらの講座では、成績を上げる方程式ストレスなしで勉強量が増える計画の立て方、子どもが勝手に勉強を始める声掛け術(親向け)などを解説しています。無料で読める講座で、今なら3980円で販売していたグングン成績が上がる方法マニュアルも受講特典としてお配りしています。よかったら親子で一緒に読んでいただくと、部活と勉強を上手に両立できるようになるはずです。 【動画で解説】子供の筋トレの詳細編中学校の部活動の記事一覧に戻る
Source: 中学生の学習法

スポンサードリンク

コメント