スポンサーリンク

中学校の部活動<<保護者トラブル解消法>>温度差対策と応援方法

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。
最新記事をチェック

保護者トラブル解消法のページの内容 ここでは、部活の保護者トラブル解消法について解説します!中学校の部活に対して、親はどこまで介入すべきか?これは悩むところではないでしょうか。そこで、上手な応援方法、ママ友やパパ友との付き合い方、飲み会に参加すべきかどうかの判断方法などを解説します。元中学校教師で、部活の顧問をしていたからこそわかるトラブル解消法もまとめたので、参考にしていたただければ幸いです。 ここでは、部活の保護者トラブル解消法について解説します!中学校の部活に対して、親はどこまで介入すべきか?これは悩むところではないでしょうか。そこで、上手な応援方法、ママ友やパパ友との付き合い方、飲み会に参加すべきかどうかの判断方法などを解説します。元中学校教師で、部活の顧問をしていたからこそわかるトラブル解消法もまとめたので、参考にしていたただければ幸いです。目次1.親は子どもの部活にどれだけ介入すべきか?2.他の保護者と温度差があるときの考え方3.ママ友やパパ友とトラブルが起きた時は?4.飲み会の誘いや当番の依頼はどうすればいい?5.子供を部活でレギュラーにさせる方法6.勉強と上手に両立させて受験を合格させるサポート法7.【動画で解説】の詳細編★ –>親は子どもの部活にどれだけ介入すべきか?親は子どもの部活に、どれだけ介入すべきか。これは悩むところですよね。私自身は、できるだけ介入した方が良いと思っています。なぜなら部活に親が顔を出せば出すほど、子どもと共通の話題ができるからです。すると自然と食事中の会話がはずむので、親子関係が良好になります。そういった意味で、部活に親が参加するというのは子育てにおいて非常にプラスです。ただし、親が出しゃばりすぎるのは良くありません。あくまでも主役は子どもたち、それをまとめている学校の先生や顧問の先生だからです。その下に位置するのが保護者、くらいの気持ちで介入するのがちょうどいいでしょう。子どもの友達を知ることができるというのもメリットまた、中学生は部活が同じ子たちと仲良くなります。お父様お母様が部活に参加すると、子どもの友達と人間関係ができます。そうすると、友達関係でトラブルがあったときに親同士で連絡を取り合って解決させることができます。子どもの友達がどんな子か知ることで、親としても安心できるはずです。また、親同士が知り合いだったら、家に招いて家族ぐるみの付き合いをすることもできます。忙しくて介入できない場合は、公式戦だけは見に行ってあげたり、車の手配が必要な場合は手伝ってあげるなど、最低限のサポートをしましょう。他の保護者と温度差があるときの考え方部活動に介入する際、保護者のトラブルが起きることがあります。たとえば、「他の保護者との温度差」などです。ある方はとても熱血でたくさん協力してくれる、一方、ある方は全く協力してくれない、こういった温度差の違いが、トラブルを招くことがあるのです。この時は、次の2つを意識すると良いでしょう。①他の保護者のやる気についていけない時あなた自身がそこまで部活に参加しておらず、他の方はとても熱心で応援幕を作ったりお弁当をみんなで作って子どもに振る舞っているケース。「うちはそこまでできない」という場合もあると思います。この場合、全く問題はありません。やる気があってやっている方は、好きでやっているだけなので、それに感謝すれば良いのです。何も顔を出さないというのは良くないと思うので、たまには顔を出して「〇〇の保護者です。いつもありがとうございます」という感じで、差し入れを持っていくといいです。こういったちょっとした気遣いで、熱心な保護者の方との関係も良くなるでしょう。その際、「本当は私も協力したいのですが、仕事が忙しくてなかなか行けなくて本当に申し訳ございません」と一言言っておくとなおよいです。②他の保護者がやる気がない時自分はものすごくやる気があるのに、周りの保護者は全くやる気がないというケース。この場合大事なのは、人は人、自分は自分と考えることです。相手の方を無理に変えようとしてもトラブルのもとになるので、周りの方がやる気がないのだったら自分だけ頑張れば良いと思います。一つ注意してほしいのは、自分が出しゃばりすぎていないかチェックすることです。あまり介入しすぎると、先生から「余計なことは言わないでください」と言われ、揉める可能性があるからです。あくまでも主役は子どもと顧問の先生、自分はサブというポジションを意識して子どもたちを見守っていくことが大事です。そういったサポートを上手にしていくと、監督や先生の方から「〇〇さん、もしよかったら今度練習試合の審判をやってくれませんか」と、声がかかることもあります。この場合、部活に介入しやすくなります。保護者を頼るのではなく、先生たちとの関係を築いていくところに意識を向けていくのが良いでしょう。ママ友やパパ友とトラブルが起きた時は?こういったことを意識しても、トラブルが起きてしまうかもしれません。よくあるパターンは、お互いに主張が強い場合です。主張がぶつかり合うと、トラブルが発生します。この場合、まずは主張を出しすぎないことが大事です。もちろん「ここは譲らない」というところは、しっかり主張して良いと思いますが、部活はチーム全体の意向で決まっていくものです。あなたがどれだけ自分の主張をしたとしても、他の方たちが「それは違う」と言ったら、大人数の意見が通ります。その時は自分の主張を押し通そうとせず、多数決で決める方が、トラブルになりずに済むでしょう。もし、保護者通しでトラブルが起きてしまったら?いざトラブルが起きてしまった場合はどうしたら良いのでしょうか。自分が引けそうだったら引いた方が良いと思います。大人のトラブルはみっともないからです。お父様お母様がぶつかっているのは、子どもたちにとっても悪影響なので、自分が引けそうな場面だったら、「そちらに任せます」と引いてしまいましょう。これこそ、大人の対応でかっこ良いと思います。ただ、どうしても引けない場合もあると思います。その場合は学校の先生や監督に介入してもらってまとめてもらうのがおすすめです。飲み会の誘いや当番の依頼はどうすればいい?部活をやっていると必ず出てくるのが飲み会の誘いです。行きたい場合、遠慮なく行って良いと思います。ただ学校の先生は、そういった飲み会に参加しづらいのが実情です。声をかける位なら良いですが、「先生も来てくださいよ」と強制するのはやめた方が良いと思います。また、どうしても都合がつかず、参加できないケースもあると思います。この場合は遠慮なく断って大丈夫です。「この日は仕事で忙しいので行けません。皆さんが楽しい会になることを祈っています。」という感じで連絡しておけば良いと思います。その人たちは楽しくてやっているわけなので、「あの人はいつも顔を出さないな」と文句を言ってくる事はないと思います。ただ、1年に1回くらい、忘年会だけは参加するなどにしておくと、より良好な関係が築けると思います。当番を引き受けることができない時は?次は当番についてです。当番は部活で必ず回ってくることがあります。できる限り参加した方が良いと思いますが、どうしても無理なケースもあると思います。その場合は普通に断れば良いと思います。ただ、公式戦の手伝いなどの重大イベントだけは顔を出しておくと、よりその子自身が部活になじみやすくなると思います。手伝えるところは手伝う、無理な時は丁寧に断るという感じで進めていきましょう。なお、部活以外にも、子どもがいるとママ友間でのトラブルもあると思います。この場合は、次のページに対応方法をまとめたので、参考にしてみてください。ママ友トラブルの原因と簡単にできる解決策はこちら子供を部活でレギュラーにさせる方法今回お伝えした内容を意識して、親が子どもの部活に介入していけば、子どもとも良いコミュニケーションが取れると思います。ただ、部活のレギュラーを取れなくて悩んでいる子もいるでしょう。レギュラー争いに落ちてしまって、部活で活躍できないケースです。この場合は、次のページで解説している部活動でレギュラーになる方法を読んでみてください。この方法を実践すれば、3ヶ月以内にレギュラーになれるはずです!部活動でレギュラーになる方法解説ページに進む勉強と上手に両立させて受験を合格させるサポート法 最後になりますが、現在私は、思春期の子どもとそのお父様お母様向けに、短期間で爆発的に成績が上がる方法を解説する勉強会を、全国で開催しています。ただ、年に数回しか行っていないため、タイミングが合わず参加できない子がいるのも事実です。そこで、現在有料の勉強会でお伝えしている内容を無料で配信している「7日間で成績UP無料講座」というものがあります。こちらの講座では、勉強と部活の両立法ストレスなしで勉強量が増える計画の立て方、子どもが勝手に勉強を始める声掛け術(親向け)などを解説しています。講座は完全に無料です!しかも、今なら3980円で販売していたグングン成績が上がる方法マニュアルも受講特典としてプレゼントしています。部活動と勉強の両立方法がわかると思うので、よかったらこちらも参考にしていただけると嬉しく思います。 【動画で解説】部活の試合で緊張しない方法の詳細編中学校の部活動の記事一覧に戻る
Source: 中学生の学習法

スポンサードリンク

コメント